抗酸化パワー

セサミンで生活習慣病を予防しよう

今、中高年に高い人気を集めている栄養成分というと、やはりセサミンが有名ですよね。
なぜそこまで高い人気があるかというと、セサミンは性差なく使用出来るということと、美容や健康といった様々な効果が得られるからなのです。
特に最近注目されているのが、生活習慣病の予防にセサミンが役立つということです。

今や生活習慣病は、日本人の大半の方がなる病気とされ、年々増加傾向にある怖い病気です。
例をあげると、心筋梗塞や脳梗塞、癌、肥満、糖尿病などです。
どれをとっても私達に身近な病と言えますよね?
なぜこの生活習慣病が近年増加傾向にあるかというと、食の欧米化や、ストレス、喫煙、過労などの生活習慣の乱れが昔に比較して激しくなったからだと言えます。

ではなぜ、この生活習慣病の予防にセサミンが効果的であるかというと、セサミンには強い抗酸化作用の働きと、血流改善に効果があるからなのです。
そもそも生活習慣病にかかる多くの方は、中高年の方が大半を占めていると言えますが、その理由として考えられるのは体内の酸化が原因なのです。

体内の酸化とはどのような状態であるか?というと、体の中の活性酸素の量が多くなり、血管や臓器が錆び付いている状態を示します。
血管が錆び付くとどうなるかというと、水道管が錆び付いたら流れが悪くなるのと同じで、血液が上手く流れず、ドロドロに詰まってしまうのです。
そうなると動脈硬化や高血圧、コレステロール値上昇が現れ、酷くなると血管にコブが出来て心筋梗塞などになってしまうのです。
また活性酸素も増えますから、細胞が傷つきやすくなり、癌などを誘発してしまうことに繋がるのです。

しかし、抗酸化作用が正常に働いていれば、酸化は抑制され、血流が改善し、また細胞をも守ることが出来るので、生活習慣病の予防に繋がるというわけです。
勿論セサミンを摂取しているだけでは生活習慣病を完全に防ぐことは出来ませんが、生活習慣の改善と共により効果的なサポートにはなることでしょう。
気になる生活習慣病をセサミンで予防し、いつまでも健康な体を手に入れましょう。

Menu