抗酸化パワー

セサミンはアルコールの分解を助ける

美容やアンチエイジングなどで女性から高い支持を得ているセサミンですが、実は男性からも熱い支持を受けているのをご存知ですか。
というのも、セサミンにはアルコールの分解をサポートする働きがあるからなのです。

飲み過ぎによる不快な二日酔いや悪酔いは世の男性の対敵であり、解消したい悩みの一つだと言えるでしょう。

ではなぜセサミンがアルコール分解に役立つのかということを考えていきましょう。

セサミンには強い抗酸化作用があるというのはよく知られていますよね。
数ある抗酸化物質の中でも珍しい脂溶性で、体内に吸収されやすく、肝臓まで行き渡り、そこから本来のセサミンパワーを発揮すると言われています。
ということは、セサミンの主な活躍場所は肝臓となるわけです。

肝臓は皆様もご存知の通り、アルコールを分解してくれる場所で、お酒飲みの方は是非強化しておきたい臓器の一つだと思います。

その肝臓ではアルコールなど体に有害な物を分解し、排出する働きがあるのですが、アルコールを摂取しすぎると、当然肝臓の働きに負担がかかり、アルコール分解が遅くなってしまいます。
そうして起こってしまうのが、あの不快な二日酔いや悪酔いと言った症状です。

あの不快な症状の原因とされているのが、アルコールを分解しきれなかったアセトアルデヒドと呼ばれる毒素になります。

ということは、アルコールを上手く分解できれば、あの不快な症状は起こりにくいということになります。

皆様もよく、アルコールを飲む前にウコンなどを飲まれることがあるかと思いますが、あれも肝臓の働きを活性化することでアルコール分解を即しているのです。

ではセサミンはどうして役立つかというと、主に肝臓の活性酸素を抑制しているわけですから、肝臓の働きが活性化し、肝機能が上昇するということになります。
肝機能がアップすれば、アルコールの分解能力も同時にアップするため、代謝がよくなり、不快症状を出しにくい肝臓を作ってくれるというわけです。

しかしながらセサミンの効果は、速効性というよりも、継続することにより効果を発揮しますから、お酒を飲む前だけセサミンを飲むという方法はあまり効果的とは言えないでしょう。

毎日の健康サポートとして摂取することにより、徐々に肝機能かアップし、急なアルコールにも対処できる体になるというわけです。

飲みすぎによる肝機能の低下が気になる方は是非セサミンをお試し下さい。

Menu